副学長メッセージ

高齢化社会の中で、精神と身体を健やかに保つ健康寿命の延伸が命題となっています。病気の予防と健康の維持には、基盤となる機構の調査・解明、科学的根拠に根ざした対策の提言とその効果の実証、社会全体の対策としての実装化等々が必要であり、何れも社会健康医学の重要なテーマです。私は医学部で血栓形成・溶解機構を研究してきました。近年、精緻な正常血流維持機構や、その破綻に伴う血栓症や異常出血の発症機構、またその背景にある様々な遺伝性および環境因子の詳細が明らかになっています。これらの知見は個々の症例の病態解析や治療に利用されていますが、実社会への還元はまだ十分ではありません。これは血栓症に限らず、高血圧や脂質異常等々様々な疾患及び病態でも同様です。実社会への実装化には異なる立場からの多様なアプローチが必須です。本学は社会健康医学の教育・研究において、多様な背景・職種の学生の参画を期待しています。これまで培った知力を基盤に社会健康医学の知識・手法を学び昇華させ、社会に貢献することを夢見る学生を歓迎します。
Profile
1981年 浜松医科大学医学部卒
米国ノートルダム大学研究助手等を経て、
2001年から浜松医科大学医生理学(旧第2生理学)講座教授
2016年から同副学長および図書館長を兼務
2021年から同名誉教授・特命研究教授、 十全オアシスクリニック院長
専門は、生理学・血栓止血学
research map