研究科長メッセージ

社会が抱える様々な医学的課題に対して、社会健康医学の学識を武器に果敢に立ち向かう高い志をもった1期生を迎えました。様々な領域の知識をもった専門家が社会健康医学という共通の感興をもって一つの学び舎に集うことが、これほどまでに相乗的に学識を高め合うものかと感嘆した開学初年度を過ごしました。学生の姿勢に大いに刺激を受け、学問への情熱をかき立てられた教員は私だけではないでしょう。元来、社会健康医学は幅広い領域に跨がる学問ですが、実社会で活躍する様々な専門家とともに学ぶことは、学識の幅と深度をさらに深めます。是非、この素敵な学び舎のドアをノックしてください。私たちと一緒にこの学び舎で社会健康医学を考究し、様々な疾病の予防や克服に資するエビデンスを導き出し、そして人々を笑顔にしていきましょう。
Profile
愛媛大学大学院医学系研究科修了
同研究科講師、愛媛大学附属病院先端医療創生センター副センター長などを経て、
2012年から京都大学大学院医学研究科附属ゲノム医学センター准教授
2019年から静岡県立総合病院リサーチサポートセンター上席研究員を併任
2020年から京都大学大学院医学研究科附属ゲノム医学センター特定教授、
大阪大学大学院医学系研究科招へい教授
2021年から静岡社会健康医学大学院大学教授、
京都大学大学院医学研究科先端・国際医学講座客員教授