研究倫理・不正防止等について

Research ethics and prevention of research misconduct

「研究倫理・不正防止等について」に関する資料のご案内ページです。
以下の一覧から必要な書類をご確認ください。

  • 研究活動における不正防止への取り組み

     公立大学法人静岡社会健康医学大学院大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日(令和3年2月1日改正)文部科学大臣決定)及び「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)を踏まえて、公的研究費等の適正な運営・管理を行い、不正使用等を防止するための取り組み、また、研究活動における不正防止に適切な対応を図り研究活動をより推進していくための取り組みを行っています。

  • 公的研究等の管理・運営体制等

     公立大学法人静岡社会健康医学大学院大学における公的研究費等の運営・管理体制及び公的研究費の不正使用等を防止するため必要な措置等について必要な事項を定めています。
     〇公立大学法人静岡社会健康医学大学院大学公的研究費等の取扱いに関する規程
     〇公立大学法人静岡社会健康医学大学院大学における公的研究費等の不正に係る調査の手続き等に関する取扱規程

  • 公的研究費等の不正防止に関する基本方針

     最高管理責任者である学長は、以下の方針に基づき公的研究費等に係る不正行為の防止に取り組みます。
    (1) 最高管理責任者のリーダーシップにより、学内に公的研究費等の適正な運営・管理の重要性の認識を徹底させ、不正行為を起こさない風土を作る。
    (2) 研究の促進、業務改善及び経費削減等の効率化の推進、公的研究費等の適正な運営・管理の3つの面からバランスの取れた取組を推進する。
    (3) 社会に対し、公的研究費等の運営・管理について説明責任を果たすことができるよう努める。

  • 研究不正に対する取り組み

     公立大学法人静岡社会健康医学大学院大学における研究者等の研究不正防止及び発生した場合の措置等について必要な事項を定めています。
     〇静岡社会健康医学大学院大学研究不正防止規程

  • 取引先の皆様へ

     研究費不正防止のため、1年間で一定(10回又は100万円)以上の取引実績がある業者様には確認書の提出をお願いします。
     〇公立大学法人静岡健康医学大学院大学との取引における確認書
     また、本学においては、研究不正への対応の一環として、不正に関与した業者との取引停止要綱を定めています。
     〇公立大学法人静岡社会健康医学大学院大学の物品調達に係る供給業者取引停止要綱

  • 公的研究費等告発、相談窓口

     本学における公的研究費等の使用ルール等に関する本学内外からの告発、相談窓口を次のとおり設置します。
     <告発窓口>
      静岡社会健康医学大学院大学事務局 事務局長
      電話番号:054-295-5402
      受付時間:火曜日~土曜日(休日を除く)午前9時30分~午後5時15分
     <相談窓口>
      静岡社会健康医学大学院大学事務局 総務経理課
      電話番号:054-295-5400
      受付時間:火曜日~土曜日(休日を除く)午前9時30分~午後5時15分

  • 研究不正告発、相談窓口

     本学における研究不正に関する本学内外からの告発、相談窓口を次のとおり設置します。
     <告発・相談窓口>
      静岡社会健康医学大学院大学事務局 総務経理課
      電話番号:054-295-5400
      受付時間:火曜日~土曜日(休日を除く)午前9時30分~午後5時15分